QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
有限会社市場印刷

2010年07月19日

◆ 手の平が真っ赤な世界地図だよ!おっ母さん!!



目標はフルマラソン完走!週に3~4回走っている。
緩急をつけたメニューを組んでいるが、今日の練習はロングジョグで、90~120分間走り続けるのである。
「東加古川」から西へ進んで「加古川」で折り返し、「東加古川」へ戻ってからさらに東へ。「土山」を越えてからは北上、「稲美町」へ向かう。
この時点で90分程経過、距離にして約15kmといったところだったが、ここで事件は起きた。
「稲美町」は山側で、基本的にゆるい上り道になるのだが、歩道自体は車の出入り口部分で段が下がる。つまり細かい上下動を繰り返しながら、全体として上がってゆく道なのである。
要は、15kmも走ってバテバテのオッサンがつんのめって転ぶには、おあつらえ向きの道ってこった。
ーーーそしてつんのめった。
とっさに右足が出て、止めに入った。「どうだい、この反射神経!まだモーロクしてねえぜ!!」…が、止まらない。
左足も出た。「ちょっと…!、倒れながら、足が前に出てるのは加速してんじゃねえのか!?」
次の右足は…………出なかった!
一塁を奪取するには、スライディングより走り抜けるほうが絶対早いと信じている俺が、絶対やらないヘッドスライディングをアスファルトで舗装された歩道で敢行した。
頭部と胸部はなんとか無傷、両手のひらと両膝を強打した。打撲も酷くて、そこから数分はまともなフォームで走れない程だったが、それよりもヤバいのは両手のぬめった感触だった。
…出血してる!!
すぐに西へ進路をとって自宅へ、その間損傷を把握するのが怖くて手のひらは見ちゃいない。
家に帰るとすぐに手を洗って、治療にとりかかった。
ここで生々しい傷口とご対面したわけだが…皮がビロォォ~~~~ンって…あぁこんなの見たことあるよ、CGなんか使う前のゾンビ映画でなぁ!
…ここからは心臓の弱い方は読まないでネ。
3,4枚ぶら下がっている○○○を○○○○って○○に食い込んだ○や○○を○○○ッ○や○○○○○でかき出し、消毒液、止血剤をふんだんに………
ようやく落ち着いたときには、両手のひらは包帯でぐるぐる巻きに。幸い指先に怪我はないので手のひらさえ触れなければ、仕事にも支障はない…痛いけど。
暑くてしかたがないが、今度からは冬季限定装備だった軍手をつけて走ろう。水中だろうが宇宙空間だろうが決して外さない、あの赤い帽子をかぶった配管工のオッサンのように!もちろんBボタン押しっぱなしで!!!



「つまり、あんたがヘマしてコケたってだけの話ダロ。いいから麺の話を書けよ!」って声が聞こえてきたのでカップ麺の話でも…
これまではチャーシューのような肉の具や麺に焦点が当てられがちだった感があるが、近頃気になるのは野菜の方で、今までのような「貧相で歯ごたえのない」ものから一転、「たっぷりでシャキシャキしている」ものが数種発売されている。
特にお気に入りは「サッポロ○番の塩○ーめん どんぶり」だ!他の野菜即席ラーメンや同社の他の物と比べても、そのボリュームと歯ごたえは一線を画している感すらあるのら。(※個人的感想。すべて調べたわけではないですよ…)
特筆すべきは椎茸の存在で、カップ麺の具でありながら、ちゃんとあの独特の旨みの凝縮した「椎茸汁」が感じられる噛み応え!サッポロ○番のこの具を詰め込んだ英断と、可能にした技術力に敬礼すべしと言わざるを得ない!

おかざと



  


Posted by 有限会社市場印刷 at 20:40おかざと