QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
有限会社市場印刷

2013年01月07日

◆ 今月のお気に入りCD【2013/01】 寺本 梓

年が開けてしまいました。
私の好きな音楽ジャンルは主な新曲発表がこの時期にまとめてリリースされるので、
買ったCDをとっかえっひっかえしながら
この年末年始は頭からヘッドフォンが離れることがなかったですね。
頭の中もだいぶシェイクされた気がします。
まあ例によって書いてる今はまだ11月なんですがね。
そんなことは関係ないし大した問題じゃないというやつですよ。

そんなこんなで今月はこちらです。

【Title】Massive Circlez 2
【Artist】Compilation
【Label】Massive Circlez





アートワーク画像は(http://www.massivecirclez.com/mc2.php)より引用

レーベルの名前を冠したハードスタイルコンピレーション第二弾!
去年の秋に発表された超カッコイイコンピです。
ハードスタイルといえばお腹にくる重たい音ですね。
リンク先のクロスフェードデモを聞いてもらったらわかるかと思います。
ゆっくりと跳ね上がるようなリズムが魅力の全11曲
新鋭のサウンドクリエイターから人気のDJまで。
実に贅沢なコンピレーションです。

このCDは収録楽曲が素晴らしい以外にも思い入れのある一枚で、
先月のCDとはまた別に必ず紹介したいと思っていた一枚です。
私はこういったクラブミュージックを聞き始めてまだ日が浅いのですが、
改めて「見つける楽しみ」みたいなものを実感しました。
もちろんこれらは音楽に限った話ではありませんが、
新たに自分の幅が広がるというのはとても素晴らしいことだなと思う次第です。

では、今月はこのへんにして。
ではまた来月もお気に入りの1枚をもって、ここでお会いしましょう。  


Posted by 有限会社市場印刷 at 13:04寺本 梓

2012年12月10日

◆ 今月のお気に入りCD【2012/12】 寺本 梓

今年最後のCD紹介です。
例によって書いてるのはまだ12月なんて先なんですが。


はい今月はこちら。

【Title】ForceMotion
【Artist】
【Label】SKETCH UP! Recordings





アートワーク画像は(http://www.sketchuprecordings.com/gecd005/)より引用

アンセムですよ、アンセム!
私も知ったようなことをいうつもりは全くないんですが、
これはものすごく嬉しいアルバムです。
往年の王道UKハードコアを日本を代表するハードコアクリエイターたちが
渾身のREMIX。
10曲も!
10月末にリリースされたんですが、私の再生回数を調べましたところ余裕の3桁。
そのくらい聞き込みたいし、聞いてしまっちゃう1枚です。

アートワークの引用元にクロスフェードデモもありますので
やはり私が四の五の言う前に聞いてみてくださいというべきでしょう。

部屋でヘッドフォンつけて爆音で流して堪能していましたところ
家族に跳ねる音がうるさいと文句を言われました。
そのくらい聴いていると必ず身体が動く1枚です。
今月は珍しく気持ちが先に来てしまってアレですね。
ではまた来月もお気に入りの1枚をもって、ここでお会いしましょう。

寺本 梓でした。  


Posted by 有限会社市場印刷 at 09:59寺本 梓

2012年11月08日

◆ 今月のお気に入りCD【2012/11】 寺本 梓

これ書いてるのはまだ9月なんですよ。
なので季節ネタは危険です。
すっかり寒くなりましたね意外浮かびませんが。
毎回同じような流れですからこの辺多分読まれないだろうし
いいよ適当でという気になっています。
どちらかというとアルバムの紹介に力を割くべきです。
記事の性質から考えて。

はい今月はこちら。

【Title】ブチアゲスピードコア
【Artist】
【Label】Psycho Filth Records





アートワーク画像は(http://phychofilth.uunyan.com/PFCD09.html)より引用

『アガりっぱなしでそのまま死ね』
ネットレーベルの中でもかなり攻撃的な楽曲を多くリリースしている
Psycho Filth Recordsさんより夏の新譜です。
今年の8月にリリースされた、休むところのない素晴らしいアルバムです。
アートワークの引用ページにあるとおり、
夏だしブチアガっていく一枚です。
今さら私がやいのやいの言うよりは、書いてあるとおりですよ。
爽やかでトランシーでクレイジーな感じ。
スピードコアが最高です。
BPM200超えは当たり前まさしく夏のアルバムです。
掲載されているのは11月ですが。
今回は引用ページにクロスフェードデモもあるので簡単に視聴もできますね。
メインコピーにもありますとおり、
バシッと聞いて、アガりっぱなしでそのまま死ぬといいと思います。

私も本アルバムを聞きながら記事を書いていましたら
いい感じにアガりましたので今月はこのあたりで。
お疲れ様でございます。

ではまた来月もお気に入りの1枚をもって、ここでお会いしましょう。

寺本 梓でした。  


Posted by 有限会社市場印刷 at 09:26寺本 梓

2012年10月11日

◆ 今月のお気に入りCD【2012/10】 寺本 梓

これといって前置きの言葉が浮かびません。
あー、最近少し涼しくなりましたね。
朝晩の通勤も汗をかかずに済むようになりましたし
アスファルトの熱に身体をやられるということもなくなりました。
やはり夏はなくなるべきなのです。
寺本梓です。

もう特になにかいうこともないので今月の1枚ですこちら。

【Title】Bokusatsu Shoujos Kingdom
【Artist】撲殺少女工房
【Label】MOB SQUAD TOKYO





アートワーク画像は(http://bokusatsushoujokoubou.blogspot.jp/)より引用

はやくて、うるさくて、昔のゲームの音っぽいです。
以前chiptuneについて書いたことがあったかと思うのですが。
そのchiptuneの世界で精力的に活躍していらっしゃる、
撲殺少女工房さんの新しいアルバムです。

ジャンルとしてはSpeedCoreでBlakeCoreでChiptuneになるんでしょうか。
人に教えるほどジャンルなんて詳しくないんですけど。
楽曲的には人を選ぶ感じです。
速くてうるさくてゲーム音楽っぽいのが好きな人にはたまらない1枚です。
そうでない方はご遠慮下さい。

聴いていると頭を壁かなにかに打ち付けているような感じになります。
そのまま続けると響いてくる音で頭に穴をあけられて、中身を流すような感覚。
流した分をそのまま音で埋めるので、
頭の中の情報をどんどん入れ替えられていくような激しさです。

今読み返しましたけど、これでどんな音楽かを理解しろというのは無理ですね。

やはり聞いていただくしか…
例によってサンプル等は用意していません。
興味を持たれた方はご自身でどうぞ。

あとはアートワークについてとか、アルバムタイトルについてとか、
結構お話すべき事柄はあるんですが、
長くなるのもいかがなものかと思いますので。
今月はこのあたりで。
お疲れ様でございます。

ではまた来月もお気に入りの1枚をもって、ここでお会いしましょう。

寺本 梓でした。  


Posted by 有限会社市場印刷 at 10:01寺本 梓

2012年09月07日

◆ 今月のお気に入りCD【2012/09】 寺本 梓

9月といってもこの暑さ。
ちょっと耐えられませんね…
西日はひどいしクーラーの風はこないしでふんだりけったりですよ。
それはそれとしてブログももう5回目だそうです。
5回続けばたいしたもんですよ。
6回目も似たようなことをいいそうですね。
寺本梓です。

ちょっと今月はなにを紹介するか悩みまして。
候補が2枚あったんですが、古い名盤よりは最近のよかった1枚だろうと。
あとなにやら先日起こった誘拐事件の報道で作品名が取り上げられていたので、
この流れ、乗っておくか…!といったノリで。
というわけで今月はこの一枚です。

【Title】スマイルプリキュア!オリジナル・サウンドトラック1 プリキュア・サウンド・パレード!
【Artist】高梨 康治





画像は( http://www.maql.co.jp/music/detail/4192 )より引用

幼児向けと侮るなかれ。
先日、祖父の一周忌で親族が集まる機会がありました。
その折に親戚の女の子がこの「スマイルプリキュア!」のTV放送を食い入るように見ていたので、
僕も隣で見てみたんですがやけに音楽が格好よくてですね。
なるほど最近の子供向けアニメはすごいなと。
時代の移り変わりもあるとは思うのですが、
昔のアニメ音楽というのはこんなにパワーのあるサウンドではなかったような。
当時はあまり音楽に興味がある方でもなかったので尚更そう感じたのかも。

そんなわけで改めて本サウンドトラックを聴きましたところ、
非常に起承転結を意識したつくりでなるほどいい劇伴集だなという感想です。
中でも悪役の曲が格好いい。完全にメタルサウンドのノリでしびれます。
先に言いました通り、
まさに幼児向けのコンテンツと侮るような事なかれ、です。

またサウンドクリエイターの高梨 康治さんについて検索すると、
あのPRIDEのテーマを作曲なさった方とか。
そりゃ格好いいわけですね。
しかしこういったタイプの音楽をつくる方が、
女の子向けの番組に抜擢されるとはクリエイターさん的にも番組的にもすごい。
まさに目からウロコですね。

今回は普段とは違う出会い方で、いい音楽に出会えました。
こういう普段とは違う聴き方も素晴らしいものです。
ではまた来月もお気に入りの1枚をもって、ここでお会いしましょう。

寺本 梓でした。  


Posted by 有限会社市場印刷 at 15:35寺本 梓

2012年08月06日

◆ 今月のお気に入りCD【2012/08】 寺本 梓

毎日うんざりするほど夏ですね。
早く終わっちゃくれないかと毎日思っています。
せめて湿気がなくなればもう少し過ごしやすくなるとおもうんですが、
この季節は生きるだけで死んでしまいたい、寺本梓です。

CDの紹介も4枚目になりました。
特に何か感慨があるわけでもないですけれど。
紹介するCDを選ぶ際に自宅のPCでitunesをざっと見てから決めるんですが、
アルバムアートワークに抜けがあると、こう「イラッ」としますね。

さて今月のCDです。

【Title】Tell Your World EP
【Artist】livetune Feat.初音ミク
【Label】TOY'S FACTORY


アートワーク画像は(http://livetune.jp/discography/342)より引用。

色の情報が爆発したようなアートワーク。
最近はCDショップに初音ミクというコーナーがあるらしいですね。
見たことある人も聞いたことある人も案外少なくない1枚かもしれません。
もちろん知らない人には何だこのアニメアニメした絵はといった感じですか。
けれど、このアルバムに収録されている曲が

「2011年、Google ChromeのCMに使用された」

といえば思い出される方もいるでしょうか。
アルバムタイトルにもなっている「Tell Your World」とともに流れるCMは
Youtubeにて公開5日で100万回の再生を記録しました。

このイラストの少女はなんなのか。
なんでレディー・ガガまで起用したGoogleが
アニメっぽいキャラクターを使ったのか。

そんなことはちょっと調べれば分かることなので調べてください。
まあ件のCMを見ればだいたいわかる気もしますが。
(もちろん貼りつけたりはしません。面倒なので)
さらに言うとその辺をわかったものとして僕は話を進めます。

アルバムの紹介です。
表題曲のTell Your Worldを始め、Remixも含めた全8曲。
EPなのでそれほどボリュームはありませんが、
livetuneさんの魅力的な楽曲と、
初音ミクの電子の歌声が見事に組み合わさって、
人の肉声では感じることのない独特の世界観を持つ一枚です。

初音ミクってなんなの?CD?どんな曲なの?
そんな人に私はこのアルバムを勧めています。
feat.初音ミクの名前で世に出たCDは数えきれないほどありますし、
その中でもいわゆる有名な曲というのもまた多くあります。

しかしながら件のGoogleChromeのCMの最後に添えられた
「Everyone, Creator」の言葉。
その言葉が一番feat.初音ミクに相応しい言葉であり、
そのまま音楽に落とし込んだこのアルバムが、
やはり勧めるべき1枚かなと思いますので今月はこの1枚となりました。

だらだらとそれっぽいこと書きましたけれど、
全部後付の適当な紹介です。
livetuneさんの曲が好きなだけです。

ではまた来月もお気に入りの1枚をもって、ここでお会いしましょう。

寺本 梓でした。  


Posted by 有限会社市場印刷 at 16:02寺本 梓

2012年07月09日

◆ 今月のお気に入りCD【2012/07】 寺本 梓

夏は空調の効いた家から出てはいけない法案でも通してくれれば
民主党もちったあ役にたつもんだと見直すんですが。
今月もCDを1枚紹介します。あ、どうも寺本 梓です。

暑い季節というのはどうやっても暑いのです。
であれば、クラブでもいって酒も入れて、BPM180以上の高速曲で
頭振り続けたって暑いんですよ。
ほんとクソですよ、夏ってのは。

はい、そんなわけで今日のCDはこれ。(暑いし早く終わらせましょう)

【Title】songs for X Girlz
【Artist】t+pazolite





可愛くてキャッチーなアートワークですね。
ハードコアです。
全体的にBPMが大体180くらいです。
つまり一分間に180回頭が振れる曲が沢山入っています。
このうえなく贅沢なアルバムですね。

収録曲について一言でいうとピーキーなアルバムです。
好き嫌いが分かれると思いますと続けようと思いましたが、
まずもってハードコア自体が好き嫌いの分かれるジャンルですね。
僕は大好きなので、人の趣味は知ったことではありませんが。

例によって曲へのリンクとかそういうの一切なしですよ。
わざわざ検索してFreeTrackも見つけましたけど貼りませんよ。
興味が湧いたら自分で検索してくださいね。

ではまた来月もお気に入りの1枚をもって、ここでお会いしましょう。

寺本 梓でした。  


Posted by 有限会社市場印刷 at 10:43寺本 梓

2012年06月07日

◆ 今月のお気に入りCD【2012/06】 寺本 梓

1ヶ月なんてすぐですね。
ついこの間書いたような気がするんですが……
今月もこの場にてCDを1枚紹介するだけの更新をしたいと思います。
寺本 梓です。

湿気の多い季節ですね。
私は雨と湿気にめっぽう弱くてですね。
毎年今くらいの時期になると体力が落ちて、嫌なことばかり言っています。
例えば不平不満や恨みつらみやこの世に潜むよしなしごとを憎んだりする、
いわゆる汚い言葉をボソボソと口に出したりするくらいですね。

音楽で不平不満といったらやはりパンクロックでしょうか。
音楽と言ってもパンクは良い悪いじゃないというか。青春の叫びというか。
若いというか。
なんというか。

まあCDを紹介していきたいと思います。
前置きで湿気とパンクロックについて触れました。
もちろんCDの紹介とはまるで関係がありません。

今日ご紹介させていただくのはこちらです。

【Title】SQ Chips
【Artist】



今回はコンピレーションアルバムであるため、【Artist】の項は省いています。

さて、chiptuneというのをご存知でしょうか。
今回はchiptune風アルバムを一枚紹介します。

chiptuneについて広義でかつアバウトな言い方をすると、
『1980年代に発売された内蔵音源チップで作られた、
 あるいはそれらをエミュレートした環境で作られた音楽』
を指します。
もっと平たく言うと、
『ファ◯コンやゲーム◯ーイの音楽』です

詳しく説明しますとキリがありませんので、
発祥や詳しい定義はWikipediaの「チップチューン」の項とかいいと思います。
興味を持たれた方は各自ご参照ください。

アルバムタイトルや掲載したアートワークで
なんとなくお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

「新しすぎて、懐かしすぎ。あの頃の未来が聞こえます」

というコピーの通り、
これは往年のスクウェア(スクウェア・エニックスではない)の
ゲーム楽曲を今をときめく有名アレンジャー達によって
リミックスが施されたアルバムです。

当時誰もが胸をときめかせた画面の中の魅力的なキャラクター、
映しだされる剣や魔法のファンタジー世界、
壮大なスケールで迫ってくるSF、etc…
そんな当時の少年少女たちの心を揺さぶったゲーム作品を飾る音楽が、
現代の音楽技術で当時の魅力をそのままに、
いいえもっと魅力的にした18曲が収められています。

なんども耳にした音楽をもう一度、ぜひ手にとってみてください。
別の形であなたの記憶に残る1枚になると思います。

公式の販促ページもあるようです。
視聴もできるようですので至れり尽くせりですね。




「ゲーム音楽どころかゲームなんかわからない」
という方も多くいらっしゃるでしょう。
そういった方にはですね、この言葉を贈りたいと思います。

「今回はあなたにまるで関係の無い更新でした」

ではまた来月もお気に入りの1枚をもって、ここでお会いしましょう。

寺本 梓でした。  


Posted by 有限会社市場印刷 at 16:57寺本 梓

2012年05月07日

◆ 今月のお気に入りCD【2012/05】 寺本 梓

はじめまして。
今月から月1回、スタッフブログに顔を出すことになりました。
寺本 梓といいます。

内容に関しては「なんでもいい」という曖昧かつ不明瞭な指示を受けました。
そういうことであれば私としてもあまり無理をせずそれでいて無難な、
好きな音楽でも紹介していこうかなと思います。

ただ最近は一言に音楽と言っても多様なジャンルがあって、
なにがなにやら、どれがどれやら。
私もさっぱりわかりません。
そんな分かったような説明は一切できないのですが、
私にとって耳障りの良い、聞いていて楽しい音楽を紹介出来ればと思います。
ただ私は気の利いた性格をしていないので
特にリンクを貼ったりもしません。
この便利な世の中ですから興味が湧いたのであればご自身で、
GoogleでもYahoo!でもなんでも検索どうぞとという姿勢です。
そもそも人に「これイイから聞いてみて!」と勧められた音楽にハマる…
幸か不幸か私はそういった機会に恵まれたことがありません。
なので、私がこういうのを好きです。そうですか。という流れが理想的でしょう。

あまり長く書くものでもありません。
早めに紹介してしまいましょう。

記念すべき…というほど続くのかもわかりませんが1枚目はこれにしようかと。





【Title】Japanese Hardcore Sampler
【Artist】DJ WILDPARTY

HARDCORE なるジャンルにあたります。
あたるそうです。(私自身はジャンルによる聞き分けが良く出来ておりません。
私がこういった、クラブミュージックに類する音楽を聴き始めた頃に
一番繰り返し聴いたMIXアルバムになると思います。

日本人クリエイターによる楽曲のみで構成されたMIXCDで、
次々と刺激的な音が途切れることなく流れこんできます。
初めて聞いた当時は知らなかったのですが、
クリエイターさんたちの名前を調べていくと、
新旧問わず日本のHARDCOREの一線で活躍する方ばかりが揃っています。
アルバム名のとおりですね。
今、日本のHARDCOREはこうなんだというのを胸をはって世に出した1枚です。

試聴用のリンクとかそういうのは面倒くさいので用意していません。
(youtubeで検索しましたところ出てはきました)
しかしながらここに貼り付けるのは法的にもややグレーゾーンかという気もしますのでご容赦頂きたく思います。

ちなみに「どんな音楽を聞くの?」と聞かれたらこのCDを渡しています。
そのくらい入門というかハズレのない17曲が揃っています。
興味と機会のある方はぜひ一度検索、もとい購入してみてください。

やや真面目に書きすぎたような気がいたします。
来月もお気に入りの1枚を持って、ここでお会いしましょう。

寺本 梓でした。  


Posted by 有限会社市場印刷 at 10:24Comments(0)寺本 梓